感染を防ぐ

基本的な知識

子孫を残す為には性行為がないといけませんが、快楽の為やその場のノリで性行為をすることもあるでしょう。また、性欲求を満たす場所として知られる風俗も、性病にかかるリスクを持っているのです。自分は大丈夫と思わず、少しでも思い当たる節があるなら性病検査を積極的に行なうべきと言え、特に家族やパートナーに移さないことが大事になります。前提として、不特定多数の人との性行為は、性病になる可能性が高くなりますので注意が必要でしょう。性病感染を未然に防げるアイテムはコンドームです。よく妊娠をさせない為に使用されることが多いですが、付けずにするのとつけて性行為をするのとではだいぶ感染率も異なってきます。しかし、コンドームを使っても防げない性病もありますので性行為をする前に性病検査を行なう方が安心でしょう。パートナーと一緒に出来る性病検査キットの販売もなされています。対策をして使用出来るので勇気を持って相手に伝えてみましょう。

性病検査をして治療をし、無事完治したとしても相手が感染者だとまた移されるので一向に完治しません。あるデータによると、不特定多数の人と性行為をする人ほど、コンドームを嫌い結果性病をもらうリスクが高くなると出ています。逆に言えば、成り行きで知り合った人が持つ性病率は普通よりの何倍にあると考えて良いのです。最近パートナーが浮気をしたなど他の人と接点があった場合は、自分自身を守る意味で、性病検査をした方が良いかもしれません。性病は放置すると命に関わる危険性があります。早期発見が完治の近道になりますので予防の為にも積極的に受けるべきと言えるでしょう。